2019年01月21日

ピアノ・レッスンの3つの形?

ぴあにちか では、3つのピアノ・レッスンの形からお選びいただけます。

出張

ミニスタジオ

オンライン !NEW!



出張ピアノ・レッスン

現在、ぴあにちかの90%以上の生徒さまは、出張ピアノ・レッスンを受けられています。

小さなお子さまがいらっしゃるみなさまに、特にご好評です。

ご自宅で、ご家庭の様子を感じながらレッスンできるため、

保護者のみなさまともコミュニケーションがとりやすく、

練習方法などのアドヴァイスもしやすく、

のびのびと上達いただけます。

天候によって、レッスンをお休みすることがないこともあってか、

長く続けていらっしゃる方が多いです。


ミニスタジオ・レッスン

ミニスタジオは、仙台市営地下鉄八乙女駅から徒歩10分にございます。

こちらは専用駐車場がなく(ごめんなさい!)、

お車でいらっしゃる場合は、近隣の駐車場でお願いしております。

こちらでは、YAMAHA C3Xのグランドピアノでレッスンいただくことができます。

ptna.jpg


オンライン・レッスン

今年より、試験的に、Skypeを通したオンライン・レッスンを取り入れました!

現在のところ、ソルフェージュ・レッスンのみとさせていただいております。
posted by pianicka at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・レッスン

2019年01月18日

ぴあにちかの目指すところは? その1

自分の力でピアノを弾くことができ、音楽を楽しむことができるように

レッスンを始められる方の多くは、

「趣味・教養として、ピアノを弾けるようになりたいです(してください)」

と言われます。

専門的にではなく、ピアノを弾けるようになる、ということは、

自分の力で楽譜を読み取ることができ、その通りに指や身体を使うことができる

ことだと考えています。

実は、これはとっても難しいことです。
楽譜からは、音符だけでなく、リズム、音楽記号なども読み取らなくてはならない…

ピアノを弾くには、鍵盤の位置を覚えなくてはならない…

楽譜を見ながら弾くには、目で見なくても正しい鍵盤の場所に触らなくてはならない…

などなど、複雑な脳と身体の動きが必要なのです。

(そのためか、ピアノが上手な生徒さんは学業の成績が良い傾向に…)

それに加え、右利き・左利き、動きにくい指、譜読みのスピードなど

1人1人の個性があります。
だからこそ、ぴあにちかでは、
  • 1人1人の個性を尊重すること

  • 音楽を聴く耳を育てること

  • 楽譜を読む力をつけること

  • 自然なピアノ奏法を身に付けること

  • 音楽を感じる感性をのばすこと

これらを軸に 「自分の力でピアノを弾くことができる」 ように育ててまいります。
galerie.jpg

チェコ留学時代、良く弾いていた学校の小ホールのピアノ
posted by pianicka at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・レッスン

2019年01月16日

ピアノ・レッスンのはじまり

私がピアノを教え始めたのは、チェコ留学中です。

大学での2年間のピアノ指導法の授業を経て、ピアノ指導法国家試験もパスし、

大学院からは、アルバイトとして個人的に教え始めたのです。

生徒さんはほぼ現地の方で、子どもから大人まで、趣味で楽しくピアノを弾きたい方ばかりでした。


その中に、太陽のような、笑顔の絶えない素晴らしい女性がいらっしゃいました。

最愛のパートナーとの間に、2年以上にわたってお子さまを望まれていました。

長く辛い不妊治療の末、ようやく授かった赤ちゃん…

しかし、妊娠が分かってから1ヶ月もしないうちに、またも流産してしまいます。

3度目の流産に、周りも声をかけることができませんでした。


その後の私とのレッスン日。

良く知られている美しいチェコ民謡を歌いながら、いつも通りのレッスンをしました。

レッスンが終わって、彼女が笑顔で一言

「私ピアノのレッスン受けていてよかった!」

これが、私のレッスンの、原点です。


人生の中には、避けられない不条理さ・苦しみ・悲しみがあります。

そのようなときに、ピアノ・音楽が、慰めとなり、支えとなり、励みとなりますように。


1034 fazioli.jpg
posted by pianicka at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・レッスン