2019年02月19日

リズムと車

ピアノを弾くためには、正しいリズム感が必要です。

リズムは、音楽の脈拍、

音楽の時間を刻むもの。

とても感覚的なもので、

私も教えるのにかなり苦心する部分です。

チェコで半泣きになりながら勉強した指導法では、

先生のリズムを正確にまねする
言葉に合わせてリズムをたたく
その言葉を、たん・たた・うんなどの抽象的な言葉に置き換える

(チェコでは、ター・ティティ・エスなどの言葉になりますが、
ここは日本、よく使われる言葉にしています)

の順を追って、リズムの指導を行います。

上記の手順は、大変に簡略化しましたが、

実際は、それぞれの生徒の必要性に合わせて

ピアノを弾くことや、歌とも組み合わせたりと

かなり複雑なことをしているつもりです…

(みなさん気づいていないようですが、それでいいのです…)


付点のリズムや、三連符など、

複雑なリズムには、やはり言葉を付けるのが一番。

先日、初めて三連符と知り合った、小学生の男の子ですが、

「じゃあ、この三連符に、3つの文字の言葉つけようか」

「スズキ! スバル! マツダ! ホンダ!」

車好きを公言していましたが、お見事です。

ちなみに私の車はダイハツでした。






posted by pianicka at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・レッスン

2019年02月18日

受け入れる場所

これまでに私は、

知的障がい・視覚障がい・聴覚障がい・学習障がいを持つみなさまと

レッスンさせていただいてきています。

障がいについて徹底的に調べ、

いろいろと勉強したことを活用しよう!と

変に意気込んでレッスンしていたこともありましたが、

知識とまったく同じパターンなどあるはずもなく…

結局は、いつものレッスンと同じく、

それぞれの個に合わせる指導になることに、気がつきました。

今、私と一緒にレッスンしているのは、

軽度の学習障がいを持つ男の子。

彼の独特の発想は

私にとってとても新鮮。おもしろい。

ピアノも彼のペースでしっかり進歩しています。

残念ながら学校では、彼を理解し受け止めてくれるクラスメイトには

まだ出会えていないようです。

少なくても、ぴあにちかのレッスンは、そして私自身は、

ご縁をいただいたすべての方を

まるごとそのまま受け入れることのできる

温かい、優しい場所であり続けたいです。

そして、自分自身の居場所を

いつか自分で見つけに行くことができるように、

その勇気の源となる自己肯定感を育むことを

レッスンが助けてくれたらと

強く願っています。

IMG_2647.jpg

こちらは本日の優しさのおすそわけ。

大事ににぎりしめていたのに、いただいてしまいました。
posted by pianicka at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・レッスン

2019年02月15日

バレンタイン・デー

昨日はバレンタイン・デー、

私にまで可愛いお菓子をいただいており、幸せでした。



2019-02-14.jpg


このほかにも、たくさん…

甘いものが大好きな私は

すべておいしく、嬉しくいただいております。

どうもありがとうございます!


チェコ留学当時、ストレスからか(?)

1日1回は板チョコを一気に食べており、周りの友人から心配されていた私。

いつかのリサイタルで、

友人知人が持ってきてくれたお祝いが

見事にチョコレートだけだったことがあります。

そしてそのチョコレートを食べ続けた結果、

1週間ほぼ絶食するほど、胃をこわすという…

それでもまだ、チョコレートホリックな私。

ピアノの先生をしていて、とても幸せなバレンタインなのでした。
posted by pianicka at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・レッスン