2019年02月25日

ベートーヴェンと男の子

導入期の教本によく出てくる曲のひとつに、
ベートーヴェンの「よろこびのうた」があります。

かの有名な、交響曲第9番 第4楽章の合唱部分を

子ども向けに、とても簡単にアレンジしたものです。

誰もがどこかで聴いたことのあるメロディー。

この曲をレッスンする時、

必ずベートーヴェンの話をします。

そして、ベートーヴェンの他の作品も弾いて聴かせています。

♪ エリーゼのために

「これ、聴いたことある?」

(ほとんどの生徒が)「ある!」

「じゃ、これは?」

♪ 交響曲第5番 運命 のテーマ

「知ってる!!」

この「運命」、私が弾いてみせるのは、

最初のたった4音。

あの タタタターン!だけで

何の曲か分かる。

天才の創造性のすさまじさ。

この タタタターン ですが、

とにかく男の子はみんな、弾きたがります。

たった2音ですから、

教えようものなら、そのレッスンの間ずっと、

タタタターン!

弾き続けています…

クラシックを聴かなくなってきていると言われますが、

名曲と言われている曲には

何百年と受け継がれてきた理由があります。

子どもから大人まで、どんな人でも

心を揺さぶる、何かがあります。

たくさんの方に、気軽に聞いていただけたら…

これからも、演奏活動に精進していこうと、

また気持ちを新たにさせられます。

posted by pianicka at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・レッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185620072

この記事へのトラックバック