2019年01月18日

ぴあにちかの目指すところは? その1

自分の力でピアノを弾くことができ、音楽を楽しむことができるように

レッスンを始められる方の多くは、

「趣味・教養として、ピアノを弾けるようになりたいです(してください)」

と言われます。

専門的にではなく、ピアノを弾けるようになる、ということは、

自分の力で楽譜を読み取ることができ、その通りに指や身体を使うことができる

ことだと考えています。

実は、これはとっても難しいことです。
楽譜からは、音符だけでなく、リズム、音楽記号なども読み取らなくてはならない…

ピアノを弾くには、鍵盤の位置を覚えなくてはならない…

楽譜を見ながら弾くには、目で見なくても正しい鍵盤の場所に触らなくてはならない…

などなど、複雑な脳と身体の動きが必要なのです。

(そのためか、ピアノが上手な生徒さんは学業の成績が良い傾向に…)

それに加え、右利き・左利き、動きにくい指、譜読みのスピードなど

1人1人の個性があります。
だからこそ、ぴあにちかでは、
  • 1人1人の個性を尊重すること

  • 音楽を聴く耳を育てること

  • 楽譜を読む力をつけること

  • 自然なピアノ奏法を身に付けること

  • 音楽を感じる感性をのばすこと

これらを軸に 「自分の力でピアノを弾くことができる」 ように育ててまいります。
galerie.jpg

チェコ留学時代、良く弾いていた学校の小ホールのピアノ
posted by pianicka at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・レッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185399346

この記事へのトラックバック